2010年07月02日

死亡原因のトップ、全体の3割を占める癌

人間の身体は数十兆個の細胞から成っている。これらの細胞は正常な状態では、細胞の数はほぼ一定に維持するために、分裂増殖が無効に制御装置が作動している。一方、悪性腫瘍は、生体細胞がコントロールを失って無制限に増殖するようになった。こうしてできた異常細胞の集団が、"腫瘍"である、この腫瘍が正常組織との間に明確限りなくひとりを作成せずに浸潤性に増殖していく場合、悪性腫瘍とすることができます。 悪性腫瘍の生物学的な性質は、個々の腫瘍によって異なりますが、発生母地になったの臓器によって一定の傾向がある。しかし、どのような性質を持っているのだと多くの場合、次のような機序で生体の生命維持に重大な支障を来し、多臓器不全と身体の衰弱は、多くの場合、死をもたらす。 無制限の栄養的に増殖するための生体は急速に消耗さする 臓器の正常組織を置き換えたり、圧迫し、機能不全に陥れる 異常な内分泌により正常な生体機能を妨げる(→播種性血管内凝固症候群(DIC)、傍腫瘍症候群、高カルシウム血症) 全身に転移して、いくつかの臓器の機能不全に陥れる 疫学 305世界保健機関(WHO)によると、2005年の世界5800万人の死者のうち、悪性腫瘍による死亡率は13%(760万人)を占めている。死亡原因となった悪性腫瘍のうち最も多いのは肺癌(130万人)、胃がん(100万人)、肝臓癌、大腸癌、乳癌などの順だった。悪性腫瘍による死亡が増え続け、2030年には1140万人が悪性腫瘍で死亡すると予測されている。 日本では1981年の死亡原因のトップとなり、2006年には死亡原因の3割を占めている。 WHOによると、禁煙健康的な食生活適度な運動は、悪性腫瘍による死亡のうち40%は予防可能だという。特に喫煙は予防可能な死亡の最大の原因であり、肺癌の80-90%が喫煙に起因する。受動喫煙も肺癌の原因である。
posted by sora73870 at 17:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。