2010年06月30日

L - フコースを主要構成糖とするヌメリ

フコイダンは昆布やワカメなどの海藻類で、特に"ぬめり"の部分の酸性多糖類である。 L - フコースを主な構成糖と他の多糖類とは異なり、硫酸化多糖類(硫酸化フカン)を多く含有することを特徴とする。フコイダンは、海藻が潮の流れや衝撃で発生した傷の修復、また周囲の微生物に食べられるように自分自身を保護するためのガードの役割を果たすことが知られている。フコイダンは俗に"血圧の上昇を抑える""抗ウイルス、抗菌作用がある""アレルギーをおさえる""肝機能を良くする""コレステロールを下げる""がんによい"と知られている。人間の安全性有効性については、調査された文献の情報が見当たらない。法律制度 医薬品と非医薬品の区分なし。 主要な要素の属性 フコイダンは、L - フコースを主要構成糖として、硫酸化フカンを多く含有することを特徴とする。 分析方法 蛍光標識化した後、蛍光検出器(励起波長367nm、蛍光波長445nm)を装着した高速液体クロマトグラフィーによって分析されたがある。カラムクロマトグラフィーにより分画、NMRによって明らかになりました報告がある 。
posted by sora73870 at 14:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。